「初詣」
多くは、感謝とか、祈願とか。
そんな中、この人たちにとっての初詣とはどんなものなんだろうなぁ、と。


「跡」
何も無い場所から立ち去る画にどこか虚しさを感じる。そんなレタッチにしてみました。


「梅、咲く頃。」
彩り寂しい季節ですから、艶やかな梅の木にはついつい心が踊っちゃいます。


「万華鏡」
光差す青空を覗き込むと、そこには咲き乱れる春が見えました。


「おとぎの国の入り口」
なんかちょっと非現実的に見えませんか。ちょっと。ね。


「居場所」
商店街、婦人服店の玄関マットで寝転ぶ彼(彼女?)は、ここの子ではないそうです。


「不審者」
いや、別に不審だと言いたいわけじゃないんですよ、決して。
あなたが偶然ね、そこに居たから、ね。


「寝起き」
ごめんね、お休みのところ邪魔して。


「笹塚一丁目21」
何が写ってるってワケじゃないけど、ただ何となく好きな画でした。


「ロボット兵」
彼の切なさをどう表現すれば良いものか。色々と試行錯誤しました。










(c) 2010 Toshiyuki Tsuchiya